IT業界で働くには、最初からITに関する知識がなくてはならないというわけではありません。未経験、初心者から業界に入って仕事をしながら技術や知識を身につけたという人はたくさんいます。
IT関連資格というのもありますが、取得しても一種の目安として捉えられることが多いので、実践力になるかはIT企業に入って実際に仕事をしてみないと分かりません。ですので、IT業界に興味のある人はまずは思い切って業界に入ることから始めてみてもいいと思います。また、業界に入る際に一言でITと言っても自分が何に興味があるのか、何をしたいのかは明確にしておく必要があります。プログラミング言語を使ってゲームやアプリを作りたいのか、それともホームページを制作するなど広告に興味があるのか、それとも業界自体の動向に詳しくなって仲介をする役割を担いたいのか。方向性を決めることで自分が何を学ぶべきなのかも分かるし、どういった企業を選べばいいのかもはっきりします。それこそプログラマーやSEと言われる職業に興味があるのであればまさに現場で実践して力をつけたほうがやらなければならないということもあってかどんどん知識や技術を吸収出来ると思います。そうしてから資格を取得しても遅くはありません。現場で働いたこともありそれを目に見える形として、資格として証明出来るのであればそれに越したことはありません。IT業界は時代の最先端をいく業界ですし、業界自体も若いのでエネルギッシュで若い力、新しいこと、ものにあふれています。これからの時代に必要な要素がつまったところとも言えるでしょう。
(もし、働いている方で、資格を取りたいというエンジニアがいれば、Javaの資格はいかがでしょうか。Javaは業務系システムから、WEBサーバ、Androidアプリにも利用される言語で多岐にわたります。)

 

Leave a Comment.