IT企業に勤めているエンジニアやプログラマーは、「自分もいつしか重要なシステムを統括する立場としてIT社会に名を残せるように尽力していこう」という願いを抱くようになることがあるでしょう。IT社会が正常に働くのは、やはりIT企業で働く方々が、私たちの日常生活を支えるためにシステムの運営を手がけているからなのだと思い、システムが考えた通りに作動するためのプログラムの入力をすることにより、私たちがITの力によって守られているという確かな安心感を抱くことにつながるのです。言い換えれば、IT社会を支えていくシステムがあることで、情報ネットワークが緊密になることの助力を担っていることになるのであり、私たちを導くシステムの下で豊かで円滑な情報交換がなされるようになるのです。

日頃から自分のパソコンを使用している方は、自分の指示通りに動くシステムを有り難く思うことがあるでしょう。必要な書類の作成やインターネットを楽しめるのも、一つ一つの動作を制御するシステムがあってこそ実現されるのであり、パソコンの性能を決定づけていくシステムが緊密になることで、より高性能なパソコンが誕生することを願っているユーザーの方がいるのではないかと思うくらいです。システムとは、生物の体に例えれば細胞のように繊細なものだと思い、コンピューターが自分の体の一部のようにシステムを動かしていくような姿を見た方は、まるでコンピューターが意思を持っているかのような感覚を覚えるのではないでしょうか。

Leave a Comment.